« Home | 霜月の和菓子 » | 紅葉狩りなら高尾山 » | ギャラリークープシューでフレンチランチ » | 色の魔術師Jen Stark氏の作品 » | 美しい古城のような図書館:Beautiful Libraries » | 使用済みの口紅にアートを見出す作品:LIPSTICKS » | Aqua風デザインのきれいな占いブログパーツ » | 『文学フリマ』と『酉の市』 » | 小坂タイチ「へんしんわごむくんうぇぶ」 » | キメコミ作品展「日々彩り」行ってきました »

2007/11/22

文学フリマとスタンプラリー


MKさんがすでに報告してくれましたが、先日、と言ってももう二週間も前ですね、文学フリマに参加してきました。

相方の絵描きこさささこにかなり任せていたので、私はずっとのんきに構えていたのですが……。前日になってほぼ徹夜状態に。

それでも目標の1000冊制作達成には届かず、700冊(一冊はごらんのとおり小さいのですが)。おかげさまで完売です。

当日はパニック状態でしたが、飯田和敏さん(ゲームクリエイター 巨人のドシンなど)のお誘いで、6ブースによるスタンプラリー(台紙はこさささこ画)をいっしょにやらせていただいたので、たくさんのジャンルの方にブースまでお越しいただいたような気がします。

ラリーはおおげさな告知をしませんでした。ヒントは「とんがり帽子をかぶっているブース」。
ほかのブースのみなさんはまじめ(?)にパーティーグッズのとんがり帽だったのですが、私たちはバトミントンの羽を頭に乗っけていたために、かなりわかりにくかったようです。でもブーイングがでなくてよかったよ……。

「スタンプが全部たまったら、各ブースで何かオマケをあげよう」という当初の話でしたが、これもうやむやになり、私たちはオマケを用意せず。(なんせ1000冊なので……)ほかのブースでは、長嶋有さん(当日はブルボン小林名義でご参加)の、"長嶋有の小説に実名が載る権利"をゲットした方もいらしたそうです。わー。

スタンプラリーというと、個人的にはポケモンラリー。でもこういった大人なラリーも当日まではわくわくでした。じっさいには接客で、楽しむどころではなかったのですが、なかにはスタンプを押してあげると大喜びの小さい子どもたちもいて、あれはうれしかったですよ。ムダによろこびをカラダで表すことも時には必要ですね。

というわけで、文学フリマ(スタンプラリー?)総括でした。
時間があれば、ヒントをたよりに日本全国スタンプラリーしたいなあーと思います。やるのはやだけど、主催者で。

次回は、またまた遅ればせながら、デザインフェスタの模様をご報告します。



ラベル: ,

0 件のコメント:

コメントを投稿

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム