« Home | ANIMOTOでクレアラインのプロモーションビデオをつくってみました! » | 文学フリマとスタンプラリー » | 霜月の和菓子 » | 紅葉狩りなら高尾山 » | ギャラリークープシューでフレンチランチ » | 色の魔術師Jen Stark氏の作品 » | 美しい古城のような図書館:Beautiful Libraries » | 使用済みの口紅にアートを見出す作品:LIPSTICKS » | Aqua風デザインのきれいな占いブログパーツ » | 『文学フリマ』と『酉の市』 »

2007/11/25

クリエイターの祭典:デザインフェスタ報告

デザインフェスタは「アジア最大級のアートフェスティバル」と謳う催し。今年は6500人集ったそうです。プロ・アマ問わず、毎回個性的なアーチストやそのタマゴ達が、手作り雑貨からパフォーマンスまで繰り広げます。

今年はあまり時間もなくて全会場まわることは出来ませんでしたが、個性的で気になった参加者ご紹介します。



まずは本来の目的、やじましょうこさん。
前職で仲のよかった同僚や後輩たちも参加していたこともあり、仲間うちも10人弱集まりました。あいかわらずていねいで繊細な作りが人気です。50作品用意して、32作品のお買い上げ。売り上げは前回を大幅に上回りました。
やじましょうこ[チクチクの日々]



私が気になったのは、ブース丸ごと独特な雰囲気のある女の子撫子凛(なでしこりん)さん。本職もグラフィックデザイナーさんで、ガーリなセンスと日本画が絶妙にマッチしていました。撫子さんも小物もすばらしく作品にマッチしていて異次元の空気が漂っていました。
撫子凛 Rinne by Rin Nadeshiko



立体写真のマスダユタカさんも斬新なアイデアがかっこよかったです。立体写真「フォトモ」ポップアップで展開する路上の展望「フォト・ポ」など、写真そのものも、日常のさりげない風景を切り取ったカタチのものばかりでそれも好みでした。
マスダユタカHP(Germa ge-28 Website)




最後はご家族の応援を背に、神業を披露してくださった浅見さん。 立体的な紙切り作品をほぼ毎日作っているそうです。3才の頃、冬になると、昆虫が姿をみせなくなるのが寂しくて、作り始めたのがいまだに続いているのという奇跡の作品群でした。
紙きり?切り紙?ハサミック・ワールド


会場に行くと、次回は参加してみたい……と思うのですが、あの苦労を思うとなかなか実現できません……。


ラベル: , , ,

0 件のコメント:

コメントを投稿

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム