2009/05/29

奥野ビル(旧銀座アパートメント)



じゃーん!クレアラインでも設立当初からお世話になっているまりもこさんが、奥野ビル(昭和7年竣工)に進入した際の写真が感動的でしたので皆様にもご紹介。わが社もなかなかのレトロ系ビルですが、(ひそかに螺旋的階段が気に入っているのです)さすが風格がちがいます。
いつかこんなところに事務所をかまえたいものです……。登録の皆さんは躊躇するかもしれませんが……

では、その美しくも切ない風情の奥野ビル、一部をご覧ください。もちろんまりもこさん撮影です。











waterdrops



久しぶりの一気更新です。みなさん、インフルエンザの(マスコミ)猛威の中、いかがお過ごしでしたでしょうか。クレアラインでは今月に入り、ウイルスも逃げていく勢いの繁忙期に入ったようです。紙面でもネットでもテレビでも、日々憂鬱な、不安を煽る雇用に関する記事ばかり目にする昨今ですが、おかげさまで私たちは、オフィス内も外出先でもバタバタと時間に追われている毎日です。

わずかに空いた時間を見つけては、ミーティングを重ねて作ったクライアント様向けDMもやっと仕上がりました。「こんな社会情勢だからこそDMを出そう!」と鶴ならぬボスの一声を耳にしてから何ヶ月?経ったのでしょう……。配送手配はお任せしましたが、デザインやコピーは社内で。ディレクション>デザイン>オペレーション、そして入稿と、一連の作業を行っています。

少し先延ばしになった、その甲斐あってかどうかわかりませんが、タイミングもよく、予想を上回る反響を得て、また社内のバタバタ度はさらに加速度を増しています。それなのに一向に体脂肪率が下がらないのが不思議でなりません。

そういえば、先日、代表が「夏雲の発生」の記事をアップしたばかり。でも昨日も今日もあいにくの雨でしたね。最近は自転車通勤のメリットを体感し、せっせとペダルを踏む毎日ですが、雨天ではバスを利用します。バスの車内はひどい湿度で不快度数100%。さらに渋滞が追い討ちをかけます。以前はさほど天気予報も気にならなかったものの、最近ではお天気お姉さんの言葉に一喜一憂する毎朝です。

写真は、美しい水滴を集めたflickrコレクション。雨の日も小さな楽しみを見つけられれば心に余裕が出来るのかもしれません。でも体脂肪率が……。
waterdrops



ラベル: ,

2009/05/28

きょうのおべんとう*キャラ弁&かわいいお弁当作り







クレアラインでも一時期のお弁当ブームは過ぎ去り、今や一般的ランチタイム30分前のコーヒーショップ休憩が大流行(と言っても自分だけですが)。
派遣スタッフの皆さんも、普段は「お弁当」という方も少なくないのです。でも、ネットで話題になっている、男性の、男性によるお弁当人はいまだお見かけしたことはありません。私の周囲だけでしょうか……。

さて、お弁当ブログは数多くあれど、ここまでかわいくておいしそうなのは滅多にない……と思いませんか?オリジナルキャラ的な要素や、和風系も多く登場してきて見ていて飽きないのです。

2009/05/27

夏雲の発生

新宿の路地裏から見た夏雲です。
今年は週末になると下り坂というお天気の繰り返しが続いていますが、ウィークデイは安定
していて、働きやすい環境になっています。ただ温度はずっと20度台後半で、初夏のような
陽気です。

ラベル:

Where The Wild Things Are









前にもちょっと紹介した、スパイクジョーンズのWhere The Wild Things Areの名シーンが公開されている模様です。絵本より素晴らしい一瞬の映像は、額縁に飾りたいほど夢とロマンにあふれています。

2009/05/26

Zhou Fan



中国のアーチストのようですが、色彩と発想がいいですね。
個人的には顔の表情がない作品のほうが好きです。

2009/05/25

花の絨毯





正真正銘の花の絨毯です。
今の時代、デザインや配置、花の種類などはコンピューターである程度制御可能だと思いますが、昔はさぞかし大変だったろうと思います。

結局いつまで公開されているのでしょう?

2009/05/18

村祭り

多摩の村祭り

多摩には養蚕農家が多く、八王子は絹織物の町として栄えました。その昔この織物を運ぶ為、現在のJR横浜線と並行して、八王子と横浜港を結ぶ「絹の道(シルクロード)」がありました。
別名、浜街道とも呼ばれ、街道沿いには絹の道資料館もあります。
その集落の氏神となっている諏訪神社で毎年恒例の村祭りが行われます。

ラベル: ,

2009/05/01

海のゴミからなる北斎 冨嶽三十六景


葛飾北斎の有名な「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」
世界中のあらゆるアーチストが、北斎の構図やデザインをリスペクトし、コピーし続けてきたか・・・。私個人の年賀状も、何度かコラージュで登場させていただきました。

今回紹介する作品も根気と気合、そしてその名にふさわしい材料が使われていますよ。


わかるかな・・?



そう、海のゴミ!!
熱いメッセージも一目瞭然!とはいきませんが、目を凝らせば訴えてくるものがありますね。

ラベル: