2009/06/30

We Are Animals










カンヌ国際広告祭(Cannes Lions International Advertising Festival)で、ジーンズのWranglerの広告キャンペーンがグランプリを受賞。

フランスの「Fred & Farid」によるもので、撮影はRyan McGinley氏だそうです。

真夜中の森で蠢く男女のシーンは静寂な中にも「動」を感じさせ、たしかに力強く印象に残るものがありますね。





ラベル: , , ,

2009/06/29

Daichi for Beatbox Battle Wildcard



日本が誇る高校生のビートボクサーだいち君。テレビで見た時はあまりピンとこなかったのですが(ネット情報がテレビで流れていると冷める傾向にあるので)、やはりすごい。その根性、うちの高校生にも分けてほしいものです



優勝したのはこちらもティーン。しかも女の子。一人でやってるとは思えないほどの技術。この軽い感じもクールですね。


構成的にも気に入ったのはカエル君
YouTube - Lytos Beatbox Battle Wild Card: Lytos crazy frog


Online World Champion 2009 はこちらで見られます。

ラベル: ,

2009/06/24

Photographic Dictionary





ページ構成も、またその写真も意味深く見えてくるのが不思議な、写真辞書。時間が空いたとき、淡々と眺めたいサイト。

ラベル: ,

2009/06/19

Banksy Versus Bristol Museum







ロンドンを中心に活動する覆面芸術家、Banksy。彼の故郷、そして、かつてはバンクシーの作品を(間違えて)消してしまったブリストルの市立美術館で、二か月に渡りバンクシーショーが開催されるとのこと。その動画と作品の一部が公開されています。

ラベル: ,

2009/06/18

nirrimi photography





とても眼力のある少女の被写体を中心に、写真に収めるファッションフォトグラファー。彼女の年齢が16歳と知って驚きました。この年齢が成せる技なのかどうかは、数年後になってみないとわかりませんが、モデルたちのまっすぐな瞳に圧倒されます。

ラベル: , ,

2009/06/05

みんなで作るオフィス仕事場サイト



以前、海外IT企業のオフィスを紹介しているブログofficesnapshots.comを紹介しましたが、今度は日本から。みなさんご存じの、オフィス用品のアスクルが運営しているようです。



海外の、温かみのあるカジュアルな雰囲気よりも、どちらかというと白を基調にした洗練されたモダンなオフィスデザインが多いのが特徴ですね。私たちのお取引先も、写真を撮ってご紹介したいような、素敵なデザイン制作会社様はかなり増えています。インテリアのひとつひとつ、消耗品に至るまで、かなり厳選されてるなあ、と、身の引き締まる思いなのです。

ちなみに上記二枚の画像は、比較的最近話題になった、森の中のオフィス。こちらは残念ながら日本ではありません。

ラベル:

2009/06/03

10年後の体重がわかる、未来体重



クリエイターの皆さんのライバルは不規則な生活。食事、睡眠、休養は、思うように取れないのが現状ですね。あまり太った方をお見かけしませんが、それでも「このままで大丈夫?」と、未来の自分のカラダは気になるというもの。

今日ご紹介するのは、今の環境や食生活から、5年後、10年後の自分の体重を予測してくれるサービスです。見たいような、見たくないような・・・。ちなみに部分太りには対応していません(<これが知りたいんだけどな・・・)

ご参考までに、逆に、信じられないほど美しくパーフェクトに痩せていった女性の画像一覧をご覧いただきます。上の画像の女性が、ハリウッドスター(大げさか?)のように変貌してゆくサマは見物です。太っているときはスッピンに近いのに、痩せるにつれて、美しくメイクしているのも興味深いですよ。






ラベル:

2009/06/02

Make fun with your photos online





自分の、でなくてもいいけど画像を読み込んで一発で加工してくれる一覧。これを無償でやっちゃうサービス精神に感動します。僭越ながら私も泥棒タイプと昆虫タイプの顔面を晒してみました。
今度はわが社の隠れアイドルサービス精神満点のHくん(0歳!)を貼り付けしたいと思います!

ラベル:

2009/06/01

Huggies Messmaker



キーボードを叩いてガンガン汚し芸術を作る広告フラッシュです。
なんの陰謀かと思えば、お尻吹きとかペーパータオルなどの製紙メーカー。
海外のサイトはこんな楽しめる工夫が沢山あって好きです。しかもあからさまな宣伝チックでもなく、作者が楽しんでる雰囲気が伝わってきます。